2016.01.27

ReLifeライターが選ぶ成長企業50選Part4

株式会社グローアップ 代表取締役 仲真 良広

グローアップ様-A-

株式会社グローアップ 代表取締役 /仲真 良広 (なかまよしひろ)

1983年、千葉県生まれ。2006年に神奈川大学を卒業後、大手外資系ヘッドハンティンググループに入社。
その後リーマンショックにより、日本全体に広がっていた閉鎖的な空気を破り、
日本を元気にしたい!という想いが募り、2008年に退社後、株式会社グローアップを設立。
代表取締役に就任する。現在はヘッドハンティングの手法と登録型の手法を組み合わせた
人材紹介の仕組みを提供し、大学生のためのキャリア支援にも力を入れている。
2013年9月にはスカウト型逆求人サービスの『キミスカ』https://kimisuka.com/ をリリースし、
多くの企業と学生のマッチングを実現している。

【会社URL】
・株式会社グローアップ  http://www.grow-up1.co.jp/
・1社の選考で複数社からスカウトを 「キミスカ」https://kimisuka.com/
・飲食業界専門紹介 「エフジョブ」http://www.fs-job.net/
【事業内容】
・新卒紹介事業
・中途紹介事業
・ヘッドハンティング事業

 

『究極の2択で答える”AorB”インタビューコーナー』

-ReLifeインタビュアーの気になる質問にAかBのどちらかで答えてください!-

 

①起業すべきだと思う時期は?

 A 在学中 or B 就職後

 →A 在学中

正直どちらでもありだとは思いますが、どうせやるなら早い方がいいと思いますね。
私の場合も独立したのが就職して2年ぐらい勤めた後だったので、学生で起業しているのとあまり変わらないかもしれませんね。しかし、学生だからとか社会人だからということはあまり変わらないと思っています。注目のされやすさや、横のつながりがあるという点では学生の方が有利なのかもしれませんね。いずれにしろ執着心や覚悟を持って起業できるかが大事だと思います。

②学生時代はどう過ごすべき?

A 遊ぶべき or B 働くべき

B 働くべき

どちらも大事だと思いますけどね(笑)あえて選ぶならガンガン仕事したほうがいいと思います。学生の時は時間がたくさんあるので貴重な経験ができる時期だと思いますね。海外へのバックパックの経験や、自分で稼ぐという経験をしてみるのもいいと思いますし、もちろん飲食店などでアルバイトする経験も大事だと思います。要はどれだけ一生懸命になってやるか、どれだけ夢中になってやるかが大事だと思いますね。ただなんとなく過ごしていたり、ダラダラ過ごしたりしてしまうのはお勧めしません。

③まずは行動から?思考から?

A 行動から or B 思考から

→ B 行動から

行動ですね。行動なのですが、最近は考えなきゃなとも思っています(笑)起業というテーマであるなら、正直考えたり勉強したりするよりやってみたほうが圧倒的に早いと思います。私自身も起業する前にいろいろな本を読んで勉強しましたけど、結局起業してみたら勉強したことが全く当てはまらなかったりしたので、そういう意味では行動したほうがいいと思います。ただ、会社として大きな決断をしなければいけない時や、新規事業立ち上げでお金のかかることを決断しなければならない時などには当然、思考をするようにしています。

④自分は営業タイプ?開発タイプ?

A 営業タイプ or B 開発タイプ

A 営業タイプ

営業ですね。個人的に単純作業の積み重ねということがあまり得意ではないんだと思います。何か新しいものを考えたりだとか、顧客のニーズを考えたりだとか、新しいサービスの枠組みを作るといったことの方が好きですね。私たちのやっている商売は人材紹介や新卒サービスなので、決まった型がなく毎回違う答えを提案していかなければならないので、そういった意味では好きですね。

⑤自分の性格タイプは?

A 冷静タイプ or B 情熱タイプ

→ B 情熱タイプ

自分ではあまり好きではないですが情熱です。ただなんとなくやっていても面白みを感じないので、やるからには勝ちたいし誰かのためになりたいし、私たちの会社の存在意義を出していきたいといった思いが強いですね。

 

『データで見る企業像』

-「営業力の秘訣をおしえて下さい!」-

Data①営業マンの1日のスケジュール

新卒チームの営業では、9:30始業に朝礼を行います。その後各部署でその日やることのすり合わせを行います。9:45頃から各自の仕事に入り、基本的には新規架電の営業、クライアント様への人材採用のパッケージのご提案、そしてもうすでに動いている案件の進捗確認を人事の方と追っていき、最後に学生皆様との面談を行うという感じになります。時間軸では10:00〜12:00まで新規架電、13:00からクライアント先に行って15:00まで商談、16:00まで既存クライアント様との進捗確認をして、帰社後17:00〜18:00で学生面談となっています。

Data②営業チームの男女比(Ex. 4:6)

今は7:3ぐらいですね。

グローアップ男女比

Data③成果を出すために必要だと考える要素について

チームメンバーが全員一致して目標達成をしようというマインドになれているかどうかというのが重要です。あともう一つは、これをやったら勝てるというということを業務フローで作ってパターン化をすることです。

Comment①自社の営業力が高い秘訣を教えて下さい

やり切るということが大事だということは常に言い切っています。根性論に聞こえるかもしれませんが、結局それが一番大事だと思います。「99」では終わらずに、「100」になるまでやりきろうというのは全体の認識として持っています。よく言いますが、1%の積み重ねを続けていくのは重々意識しています。

起業家志望の大学生に向けたメッセージをお願いします

興味があって本気であれば早くやったほうがいいですね。それが学生の頃であれば、しがらみもないでしょうし。起業できるタイミングって意外とないもので、今の仕事で要職についてしまっていてなかなかやめられないとか、家庭を持っていてやめられない等の事情がでてくるので、起業のための障壁がないのであれば早く行動したほうがいいと思います。また、起業したあとって間違いなく挫折する瞬間が来るので、そのような瞬間をちゃんと受け入れられるだけの覚悟を持って起業したほうがいいですね。