2016.04.14

Relifeライターが選ぶ成長企業50選Part38

株式会社株式会社鎌倉新書 代表取締役社長 清水祐孝

IMG_0531修正 (1)

株式会社鎌倉新書 代表取締役社長

清水祐孝(しみず ひろたか)

鎌倉新書は1984年に出版社として創業。

仏壇仏具や供養に関わる業界向け書籍などの出版を主業として運営。

インターネットが普及していく社会構造の変化の中で、お客様は紙の印刷物が欲しいのではなく、そこに書かれている情報を求めていると気づく。

自分たちの提供する価値は「情報」であると定義。

情報加工業という視点で、「出版」にとらわれずインターネットを含めた消費者向け情報ビジネスに移行し、現在の主力ビジネス供養系ポータルサイトの運営。

【会社詳細】

<鎌倉新書> 

「私たちは、人と人とのつながりに『ありがとう』を感じる場面のお手伝いをすることで、豊かな社会づくりに貢献します」を経営理念としている。

http://www.kamakura-net.co.jp/

『究極の2択で答える”AorB”インタビューコーナー』

-ReLifeインタビュアーの気になる質問にAかBのどちらかで答えてください!-

①起業すべきだと思う時期は?

 A 在学中 or B 就職後

 →どちらでもない。

原則は真剣に起業したいと考えた時が最高の時期でしょうが、確率論的には25~30歳くらいが可能性も高く、起ち上げやすいのではないかと思います。

早く起業すれば良いわけではない。

30歳を過ぎて家族を持てば、リスクを取りづらくなります。日本の社会では年齢が高ければ高いほど信用も含めて失敗をしたときに立て直すのが難しいかと思います。

②学生時代はどう過ごすべき?

A 遊ぶべき or B 働くべき

→勉強をするべき。

私の学生時代は自分のやりたいことを中心にやっていましたが、

今振り返れば、自分がこれからどんなことを成していくかを考え、

勉強することに多くの時間を割くことが理想だと思います。

③まずは行動から?思考から?

A 行動から or B 思考から

→両方

行動は必要ですが、思考なき行動は非生産的になりがちです。

一方で、思考だけしていても現実とのギャップを知ることができません。考えたことが実現するかは、実際に行動してみないとわからない部分があります。

考えながら行動し、試行錯誤を重ねることを大切にしています。

④自分は営業タイプ?開発タイプ?

A 営業タイプ or B 開発タイプ

→開発タイプ

営業よりも、開発の方が得意です。

他者と同じものを売っていれば、価格競争になってしまい、生産性が低くなります。

会社で利益を出すためには、まだ人が挑戦していないことで、ニーズがあるものを生み出すことが肝要です。そこに注力しています 

⑤自分の性格タイプは?

A 冷静タイプ or B 情熱タイプ

→情熱タイプ

性格は情熱タイプですが、沸き起こる感情を一度抑え客観視し、情熱で押し切るか、冷静慎重に立ち回るかを判断しています。

情熱タイプと自覚しているので、思うままに行動するのではなく、まず考えてから行動することを意識しています。

傍から行動だけを見れば冷静タイプに映るかも知れません

⑥いまの会社でIPOは?

A 目指している or B 考えている

→ 既にしている

創業当初は出版社として、安定したビジネスでしたが、インターネットが普及する時代になり、技術革新による社会の変化が激しくなりました。

そこに対応していくには、人材の質が全てになります。インターネットビジネスで発展していくためには、 優秀な人に仲間になってもらうと共に、人が育つ環境を作っていかなくてはなりません。究極的にはそのためのIPOです

⑦海外展開は考えている?

A 予定はない or B 考えている

→ 予定はない

他国になると、宗教観の違いや政治体制の違いがあります。

いまのビジネスモデルを他国で活用するには、まだまだ一捻り二捻りが必要になると思います。 

⑧休日の過ごし方は?

A 仕事をしている時が多い or Bしっかりと休んでいる

→ 境目はない

休日はゴルフをすることもありますが、 本を読んだり、メールや原稿を書いたり、主に仕事をしている時が多いです。

ビジネスについて考えることが好きなので、飲食店に入っていてもそのお店の回転率や人件費などについて、考えを巡らせています。

⑨尊敬する経営者は?

A いる or Bいない

→ A いる

経営者、スポーツ選手など分野に限らず頂点を極めている多くの人を尊敬しています。

各分野で頂点を極めている人は、必ずしも生まれ持った才能だけではありません。

最高のパフォーマンスを出すために、地道に試行錯誤を重ねながら考えている人は多いのではないでしょうか。

そういう人から学ぶことは多くあります。

⑩経営者における右腕(パートナー)はいる?

A いる or Bいない

→A いる

パートナーという関係性を持つ人はいませんが、

管理部門に関しては多くのことを任せていて、お互いに補完しながら仕事をしています。

経営において最も大切にしていることを教えて下さい

上場をすると、当然ながら1年ごとに決算を株主に公開しなくてはなりませんが、会社は1年で終わるものではありません。 毎年結果を出す一方で、経営者としては長期的な目線で利益を上げることを考えていかなければなりません。

事業部長であるならば、その期の予算を達成することが最優先事項かも知れませんが、経営者としては10年間の利益をどれだけ最大化できるかが最重要だと肝に銘じています。

起業家志望の大学生に向けたメッセージをお願いします

起業家というのは、今の日本の社会に一番求められている存在だと感じています。

日本の優秀な大学生は、大企業に勤めることを志す方が多いようですが、社会をより良い場所に変えていくのは一人の起業家の情熱やアイデアがそのスタートラインにあります。

優秀な人は、富の分配側ではなく、富を生み出す側になるべきです。

情熱を持って起業をすれば、様々な経験をすることができますし、起業して初めてわかることが沢山あります。是非、若いうちに色々なことに挑戦し社会を変える存在になってください。