2012.01.26

「自分が夢をイメージしている限り、必ず変化は起きていく」

株式会社HOHOKOスタイル代 / 浅見帆帆子

浅見帆帆子

株式会社HOHOKOスタイル代 浅見帆帆子

今回インタビューさせていただいたのは、経営者の他にも作家やデザイナーとしても活躍されている浅見帆帆子様です。
帆帆子様は大学卒業後、ロンドンに留学、インテリアデザインを学びます。帰国後執筆活動に入り、「あなたは絶対!運がいい」「わかった!運がよくなるコツ」(廣済堂出版)、「あなたの運はもっとよくなる」(三笠書房)、「宇宙につながると夢はかなう」(フォレスト出版)などが、累計300万部超のベストセラーに。
2011年、ファンイベント「HohokoCafe」を開催、ジュエリーブランド「AMIRI」を立ちあげるなど、活躍の場を広げていらっしゃいます。

 

ワクワクすること、そこにあなたにしかできない役割がある

現在の主な活動についてお聞かせください。

 メインの活動は作家です。本を通して「あなたがイメージできることは必ず実現できること、あなたがワクワクすることは、そこにあなたにしかできない役割があること、人生はあなたの思うようなものに変えていけること」ということを伝えたいと思っています。初めて本を出したのは24歳の時で、それからずっとこの想いは変わっていません。
 他には、「AMIRI」というジュエリーの会社経営、インテリアデザインや、講演などを行っています。しかしどの活動も一つの伝える形であり、伝えたいことは同じです。 

そのように幸せに生きるためには何が大切なのでしょうか?

 今の社会には情報が溢れています。家族やまわりの人や世間の常識に流されてしまうことも多いと思いますが、最終的に、自分の本音、本当にやりたいこと、ワクワクすることに素直に行動することです。あなたが無条件に「それをしたい」と思うことは、実現できるから思いついている、無意味にワクワクするわけではないんです。  
 例えば就職活動の時に、親が望んでいるとか、安定してそうとか、評判が良いという理由で選ぶのではなく、それがあろうとなかろうと、あなたが本音で感じる「何となく魅かれる」という感覚を大事にすることなんです。それがたとえ小さな会社でも、歴史のない会社でも、です。
 そもそも、今の時代は大企業だから安定しているということもありませんし、中途採用、転職、起業など、あなたの夢を実現するためのたくさんの選択肢が増えました。「これなら安全」「これが王道」というものは崩れているんです。
 つまり、自分が責任をもって進めるように、「ワクワクする、良い感じがする、居心地が良い気がする」方へ進むことが大切なんです。 

なるほど。
しかし、ワクワクすることが見つからないという人もいるのではないでしょうか?

 そうですね。ワクワクすることが見つからないという人たち……今はそれでいいんです。
 「夢や目標が無いといけないんじゃないか?」そんな不安を抱く必要はありません。夢やワクワクすることというのは頭で考えて作るものではなくて、できるときは一瞬で気持ちが大きく動きます。
 私自身、大学生のころは夢なんてありませんでしたし、探す努力もしていませんでした。
 すべての人に当てはまることですが、今、目の前にあることを肯定的に捉える、本気で楽しんでみる。まず目の前のことに真剣になっていると、そのうち少しずつ「やりたいこと」が出てきます。
 夢を実現している人や、一般的に言われる「成功している人」というのは、後から振り返ると「まさかあれがこういう展開になるとは思ってもいなかった」というような経験をしています。目の前のことに真剣になると、それが想像もしていなかった出会いや経験になって、次の道がひらけます。ワクワクすることも、その過程のなかで自然と定まってきます。
 つまり、社会に出る一番はじめからワクワクすることがなくたって、全然問題ないんです。

 

ワクワクして行動している人にも問題は生じるのでしょうか?

 もちろんです。
 自分のやりたいことに向けて進み始めると、生活のなかに必ず変化が起こります。それは「トラブル」とか「嫌なこと」という形で現れることもあります。そこでふてくされてやめてしまったり、諦めてしまわないでください。
 トラブルや障害というのは、あなたが次のステージに進むために必要なものを身につけさせるために起こっているんです。あなたが「それ」を心から願ってイメージしているんですから、起こることは、全部その夢に関係のあることなんです。「引き寄せの法則」ですよね。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫