2013.05.22

質問は、人生を変える

マツダミヒロ事務所株式会社 / マツダミヒロ

マツダ

マツダミヒロ事務所株式会社 マツダミヒロ

質問家。「魔法の質問」主宰。 カウンセリングやコーチングの理論をベースに、自分自身と人に日々問いかけるプロセスを集約し、独自のメソッドを開発。質問するだけで、魔法にかかったようにやる気と能力が引き出され、行動が起こせるようになることから、「魔法の質問」と名づける。
2004年より日刊メルマガ「魔法の質問」を開始。クチコミで人気が広がり、毎日2万人が読むメルマガとなる。
質問を投げかけ、参加者が答えるスタイルの「魔法の質問ライブ」を軸に、日本全国・海外で行う講演は年間200件以上。
NHKでもとりあげられた「魔法の質問学校プロジェクト」では、ボランティアで全国の学校へ行き、子供たちに魔法の質問を体験してもらっている。
「質問は、人生を変える」をキャッチフレーズに、上質な人生を生きるきっかけづくりを行なっている。
『起きてから寝るまでの魔法の質問』(サンマーク出版)ほか著書多数 。

 

質問で人生は変わるのか?

現在のご活動内容をお伺いしてもよろしいでしょうか?

 「質問家」として活動しています。 活動内容は、「しつもんする」です。


「質問家」という職業は非常に珍しいと思います。具体的にはどのような仕事内容なのでしょうか?

 大きく2つあります。1つ目が、「しつもんの仕方を教える」です。自分たちがいなくても「しつもん」ができるように、企業の管理職の人になどにレクチャーをしています。 
 2つ目が、「実際に自分たちがしつもんをする」です。例えば、私が企業にしつもんをしに行きます。そして、「今年どのくらい売上を上げたいですか?」、「そのために、今までやってきたことは何ですか?」、「もし上手くいかなかったら、どんなことが原因になると思いますか?」、「その対策はどう立てればいいですか?」などのしつもんをします。この答えが明確にわかれば、業績が上がるんですね。  

つまり、既に心の中にあるものを「可視化」する手助けをするということでし ょうか?

 その通りです。しつもんは、無意識を意識化することができるのです。私たちはなんとなく「答え」を知っているんですけど、日々の忙しさで表面に引き出せないんですね。意識することで行動は生まれますが、無意識からは行動は生まれにくいですね。強く意識すると行動が生まれ、変化が生まれ、結果が生まれる、というプロセスの手伝いをしているのが私の仕事です。今は、経営者の人々にフォーカスを当てた質問を紹介しましたが、「もっと自分のことを知りたい」という単純な疑問を持っている人全員に対して、この「しつもん」を行なっています。 



この「しつもん」という手段を使って、仕事をしようと思われたきっかけは何だ ったのでしょうか?

 私は芸術系の大学に進学したのですが、卒業後に直ぐに起業してデザイン事務所をつくったんです。なので、就職したことはなくて最初から経営者でした。17年前だったのですが、その頃はテレビのCMをつくったり、インターネットのHPをつくったりしていました。その時代はそのようなことをしている人が少なかったので、多くの仕事を頂いていました。当たり前のことですが、多くの仕事を頂くので忙しくなり、単純に自分の時間が無くなっていったんです。そのことに悩んでいた時に、自分に「今の仕事は、お金を貰わなくてもできますか?」としつもんしたのですが、私の答えは「いや、無理だ…」というものでした。
 ある日、大学の沢山の後輩がOB訪問として私の元に訪れたんです。私は通っていた大学の第一期生だったので、沢山来てくれました。来てくれたほとんどの後輩は、「就職したい」と考えるよりも、「独立したい」という想いを持った人が多かったですね。そして、話をするわけですが、私は「アドバイス」というものをするのがあまり好きではなかったので、「しつもん」だけをしていたんです。そうしたら、後輩たちがやる気になって帰って行くんですね。ただ、「しつもん」をしただけなのにも関わらず。それがきっかけで「しつもんすることを仕事にしたい」と感じるようになりました。そこからコーチングのスキルを学び始め、その中でやはり「しつもん」は非常にインパクトのある手段だと感じたんです。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫