2016.06.28

大企業とベンチャー企業の架け橋になる

有限会社ロッキングホース 代表取締役 森部好樹

moribe

とてつもないバイタリティーですね!ゼロからITを勉強するのは難しいのではないでしょうか。

短時間で効果的に学ぶためにはITに関する展示会に行くのが一番だと思い、東京ビックサイトで開催されていた「ITpro EXPO」に参加して片っぱしから一つ残らず全てのブースを周りました。50ものブースに対して、1ブース10分程度の時間で区切れば、8時間半で全て周れますよね!帰る頃にはITに関して実用的な知識はだいたい吸収できました。

会社を設立してから、どのような企業を目指していますか。

企業として「社員全員・完全週休3日」で初の上場を目指しています。

たとえ週4日の勤務でも、工夫すれば週6日と同じくらい、いやそれ以上の仕事ができるということを証明したい。

そのためには、一生懸命仕事をすることはもちろん、社員同士で効率を上げるためのノウハウを出し切り協力するということがカギとなります。

例えば、私が顧問先のベンチャー企業を連れて、大企業の社長へ商談を行う際、1度に3社を紹介をします。社長の貴重な時間を割いてもらうわけですから、それ相応の濃い内容でなくてはなりません。効果的かつ無駄を減らすためにも、常識を疑うことが大切です。

もちろん、効率化によって週4日で週6日分の仕事ができるのであれば、そこに2日分プラスして働けば、収益は増えます。しかし、あえて私はそれをしません。

なぜなら、休みが3日もあるって最高じゃないですか!!

休日に仕事のことでクヨクヨ悩むと人生は楽しくありません。

木曜日までは全力で仕事をして、仕事が終わったら酒でも飲んでスコーン!と忘れればいいんですよ。

豪快ですねえ!!休みの日は何をして過ごしていらっしゃいますか?

休みの時は仕事を一切忘れて、携帯はマナーモードです。

もちろん緊急時はスグに対応しますが、オンとオフはしっかり分けています。

1日は妻と一緒に美味しいご飯を食べ、1日は農業をやっています。

この年になると、一番大切なのは女房です!もう10年ほど女房に頭が上がりません(笑)

「有限会社」にしておくのは何かこだわりがあるのでしょうか?

この会社は私が64歳のときに設立した会社でした。

当時は採用の要件を60歳以上に限定していました。

というのも、いつでも辞められる会社にしたいと考えていたのです。

はじめは3年続けば本望であると考えていました。

でも、最近では上場できる自信がつけば、株式会社に変更しても良いと考えています。ちなみに新しい社名は「株式会社ロッキングホース」か「株式会社最年長上場」のどちらかで迷っています(笑)

経営者として意識していることを教えてください。

経営者として『平和』と『民主主義』『男女平等』を信念として仕事に励んでいます。

より多く稼ぐことも重要ですが、人のためになる仕事をしてそれがお金になればいいと思っています。

起業を志す学生にひとことお願いします!

起業を成功させるためには、イノベーションを起こすことが必要になります。

そのためにも、時代がどのように変わっていくのかをみる「素直さ」、変化に合わせて対応できる「柔軟性」、そして最後は「情熱さ」です。どんな壁にぶち当たっても、必ず解決策はあるという姿勢をもち努力し続ければ、必ずイノベーションを起こすことができるでしょう。

読者の中から、素晴らしい起業家が生まれることを心より期待しております!

森部さま、ありがとうございました!

新刊! 森部好樹が選ぶ 日本のベストベンチャー25社

714pVH9MrHL