2009.04.15

進取の精神

アップラン株式会社 / 阿部 博

阿部-博

アップラン株式会社 阿部 博

「岩手を元気にしたい!」という強い気持ちから、アップランを興した阿部社長。
郷里である岩手の経済状況とデジタルデバイドを克服するために、「自分にできることは何なのか」を追究して起業した阿部社長からは、「起業すること自体は目的ではなく、やりたいことをするために起業するのだ」という強いメッセージをいただきました。

「岩手ショック」

起業のきっかけを教えていただけますか

 営業の仕事をずっとやってきた後に転職して、半導体の商社に入ってその後も商品の販促・販売の仕事をしていました。
 2000年ごろにe-Japan構想が出てIT業界にお金が落ちるということが言われたのに伴って、会社が自治体向けビジネスに乗り出しました。地方回りをして、日本中あちこち行ったんですが、岩手に行ったらびっくりしたわけですよ。あまりに貧乏なのと、デジタルデバイドの激しさにね。世がブロードバンドに移行していた2003年か2004年の段階でまだISDNを売っていたので、2000年以前の状況だったんです。そして、所得格差も実際にひどいので、何か貢献したいと思うようになったんです。
 どんなことができるかと考えて、ちょうど自治体合併の波があったので、
その折に知り合った自治体コンサルタントの人と一緒に合併に関わる仕事をするようになりました。ただ、そこで仕事をしようとしていたところ、会社のほうからは待ったがかかったので、じゃあ独立してやろう、と決めました。

現在の位置づけと今後の展望を教えていただけますか。

 アップランとしてのビジネスモデルが固まりつつあって、それを実績にしてまわせるようにしていく段階ですね。
これまでは僕個人のコンサル事業のような形が大きいのですが、会社全体としてビジネスを受けて出来るようになりつつあります。

起業の魅力と苦労を教えていただけますか。

 起業するということ自体は目的ではないですよ。
 起業というのは、やりたいことをやるために起業するのです。僕は、郷里である岩手のデジタルデバイドを解消したいということと、貧乏なのでもっと元気にしたいという思いがありました。それをやるために自分に何が出来るかと考えて、僕はずっとITの業界にいたので、それを使いつつお金が回らなければいけないので、事業支援をしていこうとしたわけです。
 単純にビジネスとして考えると、収益性の高いマーケットを対象にしようとするならば、
今やっている事業支援や調査分析のお手伝いをするという仕事は、当然首都圏でやるべきなんですよ。僕も最初は首都圏で仕事を取って、それを岩手に回すということをしていたんですけど、それをやっていても、岩手県自体はあまり元気にならないんです。その一方で、岩手県の会社さんを支援しようとすると、ITツールを使ったりとか、マーケティングということを本格的にやったりというところは非常に少ないんですよ。
 だからまず、啓蒙活動から始めないといけない。そもそも、そういうものにお金を使おうという発想が非常に薄いんですね。東京であれば、ITツールを開発すれば、それを使ってくれるお客様がいるわけですが、岩手ではほとんどいないし、また事業区分としても小さい会社が多いんです。だから、そういう岩手に合う形のビジネスの形を模索しているのが今の段階ですね。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫

関連記事
新着記事
cross

本気で挑戦するし、本気で挑戦できる場を提供したい

株式会社クロスワン / 今西謙太

F
T
H
miku-kimoto

広告換算で年間3000万円超えも! スキマ狙いで地道に積み上げるPRの極意

株式会社ミクPR/代表 木本美紅

F
T
H
ファクトブック①

Relifeライターが選ぶ成長企業50選vol.2 Part23

クックピット株式会社 代表取締役社長 白湯師/ 本間義広 (ほんまよしひろ)

F
T
H
ICONIC代表_安倉-2

Relifeライターが選ぶ成長企業50選vol.2 Part22

ICONICグループ 代表取締役社長 / 安倉 宏明 (やすくらひろあき)

F
T
H