2009.04.01

手数料売買への疑問と決別

スクラムトライ合同会社 / 前田 紘孝

前田-紘孝

スクラムトライ合同会社 前田 紘孝

一時期やたらとニュースに出てきた単語「ファンド」なんとなく怖いイメージを伴っている言葉ですが、
今日インタビューを受けてくれたスクラムトライ合同会社の前田紘孝社長は、
そんなイメージとは正反対の雰囲気で、始終ニコニコとされていました。
もしかすると、いたずらに「ファンド」を怖がるのは間違いかも・・・?

「手数料売買への疑問と決別」

すごく初歩的な質問なのですが、ファンドというのはどういうものなのでしょうか? 
なんだか少し怖いイメージがあるのですが・・・

  簡単に言うと、いろいろな人からお金を集めて、まとまったお金をファンドマネージャーが運用して、利益が出れば出資してくれた人に還元する、ということを している機関です。怖いイメージというのはきっと『もの言う株主』とか『敵対的買収』とかそういうことをしている人のイメージだと思います。実際、僕もや ろうと思えばそういうことができないわけではないですが、そういう形はとっていません。一口にファンドと言ってもいろいろな形態があります。大きいところ もあれば小さいところもあるし、不動産に特化したファンドというのもあります。

ファンドだから、敵対的買収を仕掛ける、という訳ではないですよ。
またおそらくファンドというと、とてつもなく大きな額のお金が回っているように思えるかもしれませんが、それは事業ファンドと呼ばれるファンドなんです ね。僕が何で1人でできるのかというと、事業ファンドではなく、相場のファンドだからなんです。相場のファンドというのは、株であったり、FXであった り、流動的で、ほぼその日のうちに決算できるものなどを扱うファンドです。ゆくゆくは事業ファンドをやりたいと思っているのですが、今は事業を始めたばか りなので、まずは自分の得意分野である相場のファンドから始めました。

前田社長が初めて株の取引をしたのはいつだったのですか?

  20歳になるちょっと前くらいですね。その時は経済学部の学生だったんですけど、5ヵ月分の奨学金をまとめてもらったんですね。
よし、と思ってミニ株を始めてみました。結果は儲かった分と損した分がトントンくらいでしたね。そのあと、『株はやった、次は商品先物も面白そうだな』と 思って先物取引を行う企 業に就職しました。証券会社も考えたんですけど、そこの会社だったら総合金融商社としてグイグイいくなと思ってそこを選びました。今はあまり業績はよくな いみたいですけど(笑)
結果から言うとそこに入って、あまりよくない実態を知ったんです。営業体制や、コンプライアンスの面で。

具体的にどういう状況だったのですか?

  言ってしまえば手数料で儲けているような形でした。
というのは、例えば1000万円の注文があった場合、それをいかに多く売買して、日々の手数料を取るかにかかってくるんです。その中で、お客様の中には 『お前のことが気に入った、お前だから買ってやる』と言ってくれた人もいたんですが、その人たちに対しても、自分はきれい事だけではなく、手数料を稼が なくてはいけない。これがすごく悔しかった。お客様の利益と相反してしまうこの形にずっと疑問を持っていました。

本当にお客様の利益のことだけを考えて、それでマイナスを作ってしまうんだったら納得いきます。
『すいませんでした、次は絶対プラスにします』と言えるのですが、手数料のために損をさせるのは全く納得がいかない。
こういう今の業界の手数料商売の仕組みをどこかで変えないといけないと思っていましたが、
最近はネット証券も普及してきて、だいぶ改善されてきていると思います。

それでは、その手数料商売に対する疑問というのが前田社長が起業したキッカケだったのですか?

  それもありますが、それと決定的な出来事として、リーマンショックがありました。
独立は、30歳になって、余裕を持って起業しようと思っていたのですが、リーマンショックが起きた時に、今しかないと思いました。
利益を出す千載一遇のチャンスだと。そう思ったのでその日か、次の日に会社の社長に辞めますと言 いました。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫

関連記事
新着記事
cross

本気で挑戦するし、本気で挑戦できる場を提供したい

株式会社クロスワン / 今西謙太

F
T
H
miku-kimoto

広告換算で年間3000万円超えも! スキマ狙いで地道に積み上げるPRの極意

株式会社ミクPR/代表 木本美紅

F
T
H
ファクトブック①

Relifeライターが選ぶ成長企業50選vol.2 Part23

クックピット株式会社 代表取締役社長 白湯師/ 本間義広 (ほんまよしひろ)

F
T
H
ICONIC代表_安倉-2

Relifeライターが選ぶ成長企業50選vol.2 Part22

ICONICグループ 代表取締役社長 / 安倉 宏明 (やすくらひろあき)

F
T
H