2012.01.16

ビジョンが違う人の意見は聞かない

株式会社美人時計創業者 フィリアデザイン代表取締役 / 中屋優大

中屋

株式会社美人時計創業者 フィリアデザイン代表取締役 中屋優大

素人女性が手書きで時間を知らせてくれるサービスをご存知でしょうか?
この「美人時計」というサービスは、
開始三ヵ月でガジェット人気ランキング一位。
五ヶ月目にはiPhoneアプリでエンターテインメント部門一位。総合ランキング二位。
十二ヶ月目でYahoo!JAPANの「五千万人が選ぶ!ネット番付二〇〇九決選投票!こっそり番付 ネットサービス賞」でTwitterに続き第三位を記録。
この大ヒットサービスを創ったのが中屋優大様です。
現在は美人時計の代表を退き、フィリアデザインの代表をされています。
今回は中屋様の圧倒的なイノベーション力の秘密に迫りました!

 

「営業をしないスタンス」

現在の主な事業内容についてお聞かせください。

 広告事業と音楽事業を行っています。
 広告事業は、WEBを中心とし、アイデアから企画、制作まで一貫しているのでブレがないです。デジタルサイネージや、リアルの広告と連動した制作も行えます。
 そのため広告ではなく、「新規事業を提案してほしい」というお客様からご要望も増えてきました。
 音楽事業については、現在新規参入を考えています。 

なぜその活動、業務に取り組んでいるのですか?

 WEBも音楽も、1つの制作に対して、多くの人が一定のクオリティで共有できるからです。
 あとはメリットが多いから。WEBは、コストも小額なのでリスク回避できます。また、ユーザーとともにバージョンアップしていくこともできます。  
 音楽はある程度のクオリティは必須ですが「WEBの要素を取り入れて面白いものにしていけたら」と考えています。 

どのようなビジョンで取り組んでいるのですか?

 両事業とも業種問わず、イノベーションを心がけています。
 弊社のイノベーションとは、
 1.世界に通用するアイデア
 2.現実的なキャッシュポイント
 3.既存から新たな価値を産む
ことの3点に重点を置いています。
 みなさんが感じたいことを表現すれば結果はついてきます。

 また「大規模なマーケティングは必要ない」とも考えています。

 

マーケティングは必要ないと?

 はい。フィリアデザインから分社した美人時計というサービスまで通じることなのですが「営業をしないスタンス」をはじめに掲げています。
 営業をするのではなく、需要のある面白い物を作れば、問い合わせは自然と殺到すると想います。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫