2015.05.29

絶望から成長は始まる

株式会社CyberZ 代表取締役社長・株式会社サイバーエージェント取締役 / 山内隆裕

CyberZ山内編集

【起業で必要なのは「気合」と「覚悟」】

山内さんはこれまでに3社の立ち上げに携わられたそうですが、立ち上げを繰り返すことで学んだ「起業のコツ」はありますか?

 私が立ち上げた会社はそれぞれ異なる事業領域なので、一概にこれがコツだ、というのはありません。ただ、一つ言えるのは、立ち上げ時に一番必要なのは「気合」と「覚悟」だということですね。仕事をする上で、知識や経験はもちろん重要です。しかし、何か新しいものを作る時、理屈ばかり並べて「不可能だ」と考えていては成功しません。「やってみないと分からない」というチャレンジ精神で、覚悟を持って努力し続ける人こそが、新しい価値を作り上げることができます。だから、起業で最初に必要なのは理屈ではなく、「気合」と「覚悟」なのです。この考えが、私にとっての起業のコツと言えるかもしれません。

「覚悟を持つ」とは、具体的にはどのようなことでしょうか。

 「覚悟を持つ」というのは、「リスクを負う」ということです。学生の皆さんにとっては怖いことかもしれませんが、世の中はトレードオフでできています。つまり、高いリスクを負わずして大きなリターンが得られる、ということは絶対にありません。「倒産するかもしれない」というリスクを負い、大きな決断をすることが、ビジネスマンにとっては必要です。そして、その決断によって成功を成し遂げた時、大きな喜び、リターンを得ることができます。その瞬間こそが「価値」が生まれる瞬間なのです。

事業を成功させるために必要なことは何でしょうか。

 「成功のために全てを注ぐ」ということですね。ビジネスは競争で、その競争に勝つためには、とにかく成功に執着しなければなりません。私は常に成功への執着心を意識してきました。「仕事を優先する」のではなく、「仕事に精魂を傾ける」と考え、自分の全てを注いできました。競争相手に対して、圧倒的に努力自体が勝っていなければ、相手に負けてしまうからです。

「勝つことに徹底的にこだわる」ということですね。

 はい、多くの人は「失敗から学べ」と言いますが、私は、負けから学べることはあまり無いと思います。なぜなら、勝った時のほうがたくさん学べるし、勝った分だけ相手よりも先行した状態になり、その後有利に進めることが出来るからです。だからこそ、とにかく「勝ちにこだわること」がとても大事だと思います。

逆に、山内さんは「負けた」経験をお持ちなのでしょうか。

 たくさんありますよ。自分の人生を振り返ったとき、「なんで自分はこんなに負けているんだ」と思うくらいです。様々な場面で、自分の意思決定に対して後悔することも多いです。そのような状況の中でも、会社として致命傷になるような大きいミスはしないよう、肝は外さないようにしていますね。

大きなミスをしないために、どのような工夫をされていますか?

 成功の確率を上げることに尽力しています。ビジネスは何が起こるか分からないので、“100%の確率で成功する”ということはありえません。しかし、その確率を少しでも上げることができるよう、慎重に「固い戦略」を練ることが大事ですね。ただその一方で固いことばかりやっていてもダメで、それだけでは価値を生み出すことはできません。なぜなら、価値を生み出すことにはリスクは付き物だからです。だから、肝を外さず、かつ「一番いいリスク」をとる必要があります。

「STEP3へ進む」次ページへ続く≫