2015.07.04

世界中の女子を可愛くする

ロケットベンチャー株式会社 代表取締役 / 龍川 誠

RV龍川誠_写真素材_542_360

ロケットベンチャー株式会社 代表取締役 / 龍川 誠(たつかわ・まこと)

1985年生まれ。法政大学在学中より、ECや通販化粧品ブランド・飲食店の立ち上げなど、様々なビジネスを行う。
MOVIDA JAPAN Seed Acceleration Programに採択され、2013年12月、ロケットベンチャー株式会社を設立。
女子向けキュレーションメディア「4meee!」「4yuuu!」を運営し、
2014年2月にエニグモ社にセルアウト後、現在、両メディアで合計1億PVを達成。

 

ロケットベンチャー株式会社 コーポレートサイト : http://rocketventure.co.jp/

4meee! : http://4meee.com/

4yuuu! : http://4yuuu.com/

 

 

【ユーザーが本当に欲しがっているプロダクトを作る】

始めに、龍川さんは学生時代どのように過ごされていましたか?

 ECや通販化粧品ブランド・飲食店の立ち上げなど、学生時代から積極的にビジネスを行っていました。
 

どのような経緯で起業されたんですか?

“将来は起業して自分でビジネスをする”という感覚が幼少の頃からあり、また、”好きな事を仕事にして、誰かを喜ばせたい”という想いが強かったので、自分にとってはごく自然な流れで起業しました。

起業したきっかけは何かありましたか?

 まずは経済や会社経営について学ぼうと思い、中学生の頃に起業家や経営に関する本をとにかく読み漁りました。そのとき、自分で作ったモノやサービスで世の中の人々を幸せにできたら、こんなにカッコいいことはないなと思ったんです。
 ただ、それだけの事を成し、世の中にインパクトを与えるためには、どこかの会社に属して守られた環境でビジネスに携わるだけでは、ビジョンを実現するために必要な意思決定の自由度やスピードが足りないと思いました。そこで、”自分で起業するしかない”という想いがますます強くなりました。

女性向けキュレーションメディア事業をされていますが、なぜその事業領域を選ばれたのですか?

 以前から化粧品事業をやっていたこともあり、もともと「女性が何を求めているか」ということに興味がありました。流行やカルチャーは女性から始まることが多い気がしていて、実際に女性は美を追求する向上心が強く、そのための消費行動も活発ですよね。そんな女性の「もっと綺麗になりたい」「幸せになりたい」という願望的課題に対して、まずは情報的なソリューションを提供できると考えて作ったのが、女性向けキュレーションメディア4meee!と4yuuu!です。
 創業メンバーも僕以外は全員女性。学生時代から共にビジネスをしている双子の桑山姉妹と、同じく大学から6年来の友人である坂梨が参画して4meee!を立ち上げました。今のメディア事業も今後はアジア全域に向けたコマースプラットフォームの方向にシフトしていきます。

ここまで短期間で事業を拡大できた理由とは何だと思いますか?

 ターゲットを明確に設定し、ユーザーが本当に欲しがっているプロダクトを作ったことでしょうか。女性は常に最新のトレンドや確かな情報を求めているので、他サイトからの引用ではなく4meee!でしか読めない質の高いオリジナル文章のみを配信し、スマホから見やすいように、1記事をワンスクロールで読めるUI設計にしました。スマホから記事投稿できるシステムを初期段階から導入したり、あえて4コマという制約を設けることで、書く側の投稿ハードルを下げ、同時に読む側にも視覚的に分かりやすくするなど、数々のこだわりがあります。
 他には、ターゲットユーザーに対して影響を与えるものは何か考えるなど、戦略的に動くことも大事だと思います。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫