2015.07.13

自分の信じている道しか正しい道はない

CROSS Business Producers (CROSS株式会社) / 三木言葉

不明

【その選択で納得して生き・死ねるのか】

起業のきっかけは?

 2011年3月11日、東日本大震災があり、自分の人生の中で何が一番大切なのかを考えました。日々不満を抱えつつもある程度バックアップを受けながらやっていくのと、自分の中で上手くいくか分からないがチャレンジできる土俵と、どっちが良いかというと後者の方がいいと思いました。その方が後悔をしない。「もしも、何かがあったとしても納得して死ねるし、生きられる」と思いました。その時にやっていたチームメンバーも私の思いをすごく理解していてくれたので、「なんで言葉さんは今の会社にまだいるんですか?」といってくれる後輩がいたのも独立することを決断する後押しになりました。

 一般的に日本人からしたら大企業にいるのは、おかしいことではない。でも、その後輩の言ってくれたことなどを踏まえると、私の人生においてはおかしいことなのかもしれないと思いました。

起業する際に勇気はいりましたか?

 不思議ですが、人間って、やるって決めたらいつの間にかその方向に自分の足が向いていて、もう引き返せない。変な話なんですけど、年取ると自分の好みが分かってくるんですよ。学生の時はあまり自分が何をしたいのか分かりませんが、色んな評価などを掻いくぐり、歳を取っていくと自分はこうなんだなって分かっていきます。社会からも突きつけてきますし。「自分のやりたいことはこれなんだ」って分かりましたね。好き嫌いが分かって、素直になっていきました。

自分のことを分かっていても変われない人は何が必要だと思いますか?

 様々な人に会うというのは変わる上でも、自分を知る上でも大切です。同じような人としか関わっていなかったら、思考が狭くなってしまう。知ればみんな感動するのに、そこにしかいないから変われない人が多いと思います。

 人脈が広がっていくとこういう人はこうだとカラーや生き方が見えてきます。自分も含めて。

三木さんが事業でこだわっていることは何ですか?

 「事業を成功させるうえで必要なことを、360度の視点で包括的に支援していく経営サービス」を掲げています。これは、まず調査、企画、仮説を立てる、そして見直す、インタビューを重ねる、お金の算段、チームを決めるという一連の長い旅を全部やっています。ほとんどのコンサル会社はそのいずれかのパーツしかやらないのですが、弊社ではすべてをやることでクライアントである会社が何をしたいのか、という目的を大切にします。ビジネスである以上、クライアントさんのプロジェクトも自分たちも資金回収までしっかりやることが大事ですが、私たちがそれ以上に大切にしているのはお金の回し方です。みんな、原体験があって、今やっていることや、やりたいことがあると思います。それを思い出す機会を創るように心がけています。皆さんの原点にある気持ち、強い想いを尊重しながらじゃないとやはり良いものは生まれません。だから、お客様とも週に2、3日は飲みに行ったりして一体感というか温度感を一緒にすることが大切だと思っています。

最後にReLife読者にメッセージをお願いします。

 自分を知ることが大切です。自分の信じている道しか正しい道はないから。親や友達、先生などの意見も先入観です。自分が信じている道が正しいです。自分でしか、夢への道を切り拓き、選択を信じることはできません。

三木さん、ありがとうございました!



ReLifeでは起業家にインタビューをしてみたい人を募集中です!
>>https://www.wantedly.com/projects/15599

学生一人一人の希望に合わせたインターン紹介も行っています!
>>http://preneurs.me/