2015.10.09

明日死んでも後悔しない選択をしたい

株式会社シロップ 代表取締役/大久保泰介

DSC_4711

株式会社シロップ 代表取締役/大久保泰介

同志社大学在学中にヨーロッパへ留学後、グリー株式会社へ2012年に入社。
人事本部にて採用プロモーション業務に従事した後、経営管理本部へ異動し会計業務に従事。
2015年4月に退社し、「世界中の心と心をつなぐ。」ビジョンの元、株式会社シロップを設立。

 

株式会社シロップ
  http://syrup.jp.net/

ペットとの暮らしを豊かにするアプリ「HONEY」
  http://myhoney.jp/

「毎朝、可愛いどうぶつをお届け。」Facebookページ
  https://goo.gl/3DcUjK

 

 

【何気ない一瞬を一生の思い出として、綺麗・かんたん・オシャレに保存できるものがなかった】

まず初めに簡単に事業内容を教えていただけますか?

 弊社ではペットに関連したサービスを展開しておりまして、ペットとの大切な想い出を簡単に保存して毎月無料(送料・通信料はお客様にご負担)でフォトカードにしてお届けするアプリ「HONEY」を運営しています。携帯スマホに溜まった写真や動画を一括でアップロードすることができ、カレンダーに自動整理して、子どもと同じような感覚で日々の成長を保存していくことができます。今後は、このサービスにプラスアルファとして、トリミングサロンや動物病院といった関連施設の情報集約並びに飼い主様とお店様とのコミュニケーションスペースの場をつくる等、ペットを育てる上で必要な様々なサービスを盛り込んでいきます。

事業内容をペットにフォーカスしたのはどういった理由からですか?

 もともと僕がペットを飼っていて、「赤ちゃんや子供向けのフォトアルバムアプリは沢山あるのにペット版がないな」と感じていました。僕もそうなんですけど、ペットを飼っている人ってペットを自分の子どもと同じような感覚で育てているんですよね。世話は大変で、でも、一生は短くて。そんな何気ない一瞬を一生の思い出として、綺麗・かんたん・オシャレに保存できるものがなかったというのが一つ目の理由です。

 もう一点としては、ペットと散歩する中での課題です。散歩仲間と散歩をしたいのですが、犬種が違ったり、タイミングが合わなかったり。一緒に散歩をするだけで犬も嬉しいでしょうし、アプリを通して散歩仲間をデジタルでもリアルでもつくりたいと思いました。あとは、ペット可のカフェを探すのが手間だったり、店に入ると不親切であったりすることも多く、飼い主の方々の評価に基づく施設情報を集約して飼い主の暮らしを豊かにしたいと思ったことも理由の1つですね。

起業する際に不安や戸惑いはありませんでしたか?

 特にありませんでした。前職のグリーで出会った方々で起業されている方が多かったり、あるいはたくさんの方にアドバイスもいただいていたので特に不安を感じていませんでした。もし事業が失敗しても死ぬわけではないですが、明日事故に遭って死ぬかもしれない。それで後悔するなら、今やりたいこと、実現したいことをやろうと思って起業を選択しました。

周りの影響も大きかったんですね。

 そうですね。僕は人や環境の影響を受けて変わってきたタイプで、もともとITには疎く、そこまで興味がなかったんです。どちらかというと広告業界や商社に興味がありました。


HONEY」ではスマホに溜まったり、SNSで投稿したペットとの思い出をカレンダーに保存して、フォトカードで残すことができる。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫