2012.03.09

好きなことを好きな人とやることが幸せ

株式会社シロク / 飯塚勇太

シロク

株式会社シロク 飯塚勇太

【@yuta_iizuka】

今回取材させて頂いたのは株式会社シロクの代表取締役社長、飯塚勇太氏です!
昨年、飯塚氏含む4人のチームでiPhone用写真SNSアプリ「My365」を開発しリリース。
なんとリリース3ヵ月で50万ダウンロードを達成。
今はサイバーエージェントの子会社である株式会社シロクがこのサービスを譲り受け、飯塚氏はシロクの代表取締役社長に就任。
「My365」のAndroid版ももうすぐリリースとのこと!!
「新しい当たり前を作りたい」と強く語る飯塚氏のアイデアの秘密を探ってきました!

 

「好きなことをやり続ける」

少し前の話ですが、まずはサービス開始3ヶ月で50万ダウンロードおめでとうございます!

 ありがとうございます。これからどんどん伸ばしていきたいと考えています!

現在の主な事業内容についてお聞かせ下さい。

 今はスマートフォンアプリを作っています。今はメインで「My365」というiPhoneアプリを提供しています。

飯塚さんは現在大学4年生だとお聞きしました。これまで、どのような学生生活を送っていらっしゃいましたか?

 基本的に、大学1年生の5月からインターンシップを通して何社かで働いたりビジコンに出てたりしていたら結果的にこうなっていました。(笑)

インターンはどのようなことをしていたのでしょうか?

 1年生の時から会社で働き始め、3年生の時はレイ・フロンティアというiPhoneアプリを作っている会社で働いて、主にマーケティングを学んでいました。

一年生のときから、精力的に活動していらしたんですね。

 そうですね。というよりは、「好きなこと」をずっとやっていた感じですね。



一年生の時からそのように活動されるきっかけなどはあったのでしょうか?

 僕は、高校生の時から経営者の本を読んだり、会社のホームページを見たりすることが好きだったんです。
うちの社長(サイバーエージェント藤田晋社長)の本を高校2年生の時に読んだら、大学2年か3年の時にインターンシップをしていたと書いてありました。そこで、大学に入ったらインターンをやろうと決めました。



高校生のときからそんなことを思っていたなんてすごいですね。

 元々興味があったからだと思います。 経営者を一番輩出していると聞いて、今の大学に入りたいと思ったのもそういうものに興味があったからですね。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫