2009.04.17

とにかく実行、しっかり内省

株式会社GREEN / 三森 暁江

三森-暁江

株式会社GREEN 三森 暁江

お客様それぞれの「想い」を大切にし、ビジネス教育とマーケティングを通じて、
価値向上のための創造的なソリューションを提供します。 そう自社のミッションを掲げる株式会社GREENの三森暁江社長。 
今日は、柔らかな感性で精力的に仕事に取り組む三森社長に話を聞いていきました。

「仕事の根本にある教育」

起業する前はどんなお仕事をされていたのですか?

私は新卒で就職してから9年間企業に勤めていました。 
そのうち8年間はマーケティングに携わり、その後人材教育のベンチャー企業に転職しました。 新卒で入ったユニ・チャーム株式会社は本当にいい会社で、とても教育熱心な企業でした。 私が所属していた部では、部長が朝7時に出社して輪読会を主催してくれていました。 マーケティングの本は読みにくいものが多いので、この輪読会には助けられました。マーケティングにはある程度理論的なことも必要なので、朝理解したことをその日の仕事で使ってすぐにフィードバックできたりとても面白かったです。

なぜ人材教育の企業に転職されたのですか?

27歳の時、外資系の企業で初めて部下を持った時に教える立場に立って、自分が受けた教育を振り返ってみると、本当に上司がいい教育をしてくれたなと思いました。 その時仕事を心から楽しめていたのも突き詰めればやはりいい指導をしていただいたことが根本にあると思いましたし、それで29歳の時に人材教育の企業に転職しました。

その後、なぜ起業しようと思ったのですか?

その人材教育の企業で1年間の経験を積む中で、自分の専門分野をさらに高めて、突き詰めていくには独立するのが最も適していると思ったからです。 企業にいると、組織ならではの仕事があって、例えば会議で時間を縛られたり、営業にも出なければいけない。それが嫌なわけではなかったけど、今は自分の専門分野を突き詰めるべきだな、と思い起業しました。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫

関連記事
新着記事
cross

本気で挑戦するし、本気で挑戦できる場を提供したい

株式会社クロスワン / 今西謙太

F
T
H
miku-kimoto

広告換算で年間3000万円超えも! スキマ狙いで地道に積み上げるPRの極意

株式会社ミクPR/代表 木本美紅

F
T
H
ファクトブック①

Relifeライターが選ぶ成長企業50選vol.2 Part23

クックピット株式会社 代表取締役社長 白湯師/ 本間義広 (ほんまよしひろ)

F
T
H
ICONIC代表_安倉-2

Relifeライターが選ぶ成長企業50選vol.2 Part22

ICONICグループ 代表取締役社長 / 安倉 宏明 (やすくらひろあき)

F
T
H