2012.03.27

楽しいことを追い求める

自由人 / 山崎拓巳

山崎さん

自由人 山崎拓巳

 【Twitterアカウント:@dana49】

誰もが憧れる自由人、山崎拓巳さん。
その活動の幅は起業家、作家、画家ととどまるところを知りません。
『子供のころ、そして大学生のころ何をしていたのか』
『ビジネスモデルを評価するポイント』など必読の記事!

 

楽しいことを追い求める

山崎さんの生い立ちについてお聞かせください。

 すごい田舎の生まれで、テレビの中で見る都会の同い年位の子たちと比べていました。 自分がうまくいかなかった時も、自分を責めていませんでした。 うまくいかないのは田舎のせいにして(笑) 「きっと東京だったらうまくいくはずなのに、田舎だから受け入れられない。」という感じ。 それがすごく良かったと思うんです。 自分の心をうまく傷つけずに育つことができました。 後、楽しいこと以外はしたくないです。 だからつまらないことも楽しくする。 「これ嫌いだからやりたくない」ではなく「どうしたらゲームのように楽しくなるのか?」ということをいつも考えていました。

楽しいことを追求される性格なのですね。

 そう!それから遠くへ遠くへ幸せを求めているようにも思います。 この扉の向こうに新しい世界がある、ということを信頼しているんです。 その結果、15歳からの下宿生活に始まり、46歳現在までに17回引っ越ししてます(笑)

下宿を始めた15歳の時から商売の経験があるとお聞きしたのですが、すでに起業に関心があったのでしょうか。

 無かったです。僕は15歳で一人暮らしをしていた時に、下宿の家で喫茶店を開いてました。 友達がやってくるとメニューを出しました(笑) いつしか近所の大学生のたむろする場所にまでなりましたよ。 これは商売という感覚より、ただ面白くてやっていました。 だってそんな友達いたら面白くないですか?「この後お茶行く?友達ん家に(笑)」みたいな。

 

起業までの経緯をお話いただけますか。

 僕は高校時代、陸上競技に打ち込んでいたので、アルバイトをしたことがありませんでした。 初めてのアルバイトらしいアルバイトが大学から始めた家庭教師。 「家庭教師斡旋センター」に行って、斡旋していただいて初めて教えに行った時、「儲けのカラクリ」に気付いたんです。 どういうことかと言うと、まずこの家庭教師はチケット制になっていて、教えられる側はセンターから10枚つづりのチケットを購入する。 教える側は1時間教えるとチケットが1枚もらえて、このチケットをセンターに持って行くと1枚あたり1000円もらえるんです。 チケットを初めてもらった時に、お母さんにチケットをいくらで買ってるのか聞いたところ、1枚1500円で買ってると言う。
 
  「えっ!この二時間で何もしていないセンターは1000円儲けた!」
 その瞬間スパークしました。これは権利的に儲かる!

 「もしこのつづりが全部終わって、まだ息子さんに僕の家庭教師を受けさせたいと思ったら、 もうチケットは買わずにボク、直接来ます。1時間1000円で教えます。」
自身も商売を手広くやっていたお母さんは、そう言った時ニヤッとして 「あんた面白いな。もしつづりが終わるまで素晴らしい先生でい続けるなら、あんたに1500円払ってあげる。」と言ってくれたんです。 そこから紹介、紹介で、すごい数の子供たちを教えることになって、月に結構、稼いでいました。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫