2014.08.19

女子大生でカフェ経営〜「好きなこと」をカタチにする強い想い〜

株式会社フォルスタイル代表取締役 / 平井幸奈

平井さん

株式会社フォルスタイル代表取締役/平井幸奈

1992年生まれ、広島県出身。株式会社フォルスタイル代表取締役。早稲田大学政治経済学部4年生。
フレンチレストランのキッチンでアルバイトを始めたのをきっかけに、料理の世界に魅了される。
2012年8月より2カ月間、単身オーストラリアのシドニー渡り、billsサリーヒルズ店、ダーリンハースト店で修業。
帰国後、料理教室・ケータリング・カフェプロデュースなどを手がける。
13年9月、ブリュレフレンチトースト専門店『Foru Cafe』をオープンさせる。
14年8月法人化。

 

平井幸奈FB

ForuCafe HP

ForuCafe FB

ForuCafe twitter

平井幸奈 twitter

平井幸奈のフォルスタイルサロン

 

 

【起業のキッカケはアルバイト】

現在の事業内容についてお話下さい。

 Foru Cafeという日本初のブリュレフレンチトースト専門店を去年の9月に立ち上げ、現在経営しています。

なぜ、カフェの経営をしようと思ったのですか?

 レストランのキッチンでアルバイトをして、料理の世界に魅了されました。大学2年の夏には、ワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアのシドニーの憧れのレストランで働いて、その経験を発信したいと考えるようになりました。

シドニーでワーキングホリデーを経験されたのですか?

 はい。もともと留学したいを思っていたのですが、そのお金は自分で用意しなさいと母から言われていたので、それなら働けばいいんだ!って。ワーキングホリデーに挑戦したいと考えました。当時働いていたレストランの本店がシドニーにあったので、「無給でもいいから働かせてください!」と頼み込んで、そこで働かせていただくことになりました。

現地でどのような経験をされましたか?

 はじめは仕事が全くできなくて、本当に情けなかったです。言われた事は何でもやる。帰れと言われたら帰る。という感じでした(笑)一度教えてもらった事は絶対に1回で覚えようと、家で必死に復習していました。働きはじめて2週間くらいたって、初めてヘッドシェフに「今日はゆきながいてくれてよかった。ありがとう。」と言っていただいた日は興奮して夜も眠れなかったことを、今でも覚えています。少しずつ仕事ができるようになって、最終的には総料理長のメニュー開発のアシスタントを任せていただいて。私にとって、とても貴重な経験でした。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫