収入証明書不要で借りられるカードローンと収入証明の提出が必要となるケースを調査した

カードローンは借りる金額によって、収入証明書の提出が不要な場合と必要な場合があります。

そもそも収入証明書は何のために利用するのか?ですが、年収や所得はどのくらいあるのか?確認するためです。

源泉徴収票から見る年収の見方

年収を確認することで、返済能力の把握や過剰な融資を防止するため、また総量規制(法律)に触れた貸付をしないためです。

一般的に収入証明書として認められているもの
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書…例)直近2か月分
  • 確定申告書
  • 所得(課税)証明書
  • 住民税課税決定通知書
収集証明書となる書類について

「源泉徴収票」とは会社勤めの人なら年末調整後、受け取る前年度の収入を証明する書類のことだ

筆者の源泉徴収票
管理人
管理人

給与明細を提出する場合、提出する給与明細は直近2ヶ月分を言われることが多く、賞与明細書もあれば提出を促されます。

収入証明書となる給与明細書について

「所得(課税)証明書」とは市役所や役場など自治体で発行できる収入証明書です。

この所得証明書は市役所などに出向き窓口で発行してもらうか、郵送にて送付、発行依頼は基本、本人が申請します。また発行手数料として300円かかります。

では消費者金融や銀行のカードローンを例に収入証明書なしで借りられるのか?解説していきます。

カードローン各社の収入証明書を提出するケースを調査した

カードローンを利用する場合、収入証明書の提出が必要となるケースは以下、条件に当てはまる場合です。

  • 50万円以上借りる場合
  • 他社の借入と新規で借りる金額と合わせ100万円を超える場合
  • 審査で収入証明書が必要と判断された場合
  • 利用金額に関係なく、提出を求められた場合

もし該当しないのであれば、収入証明書や所得証明不要、つまり収入証明書なしで借りられます。

ちなみに消費者金融のカードローンの場合、50万円以下借りる場合であれば、収入証明書の提出は不要です。

大手消費者金融カードローンにおける収入証明書の提出が必要な場合
プロミス・ご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上が経過した方
・プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
・プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方
アコム・当社のご利用限度額が50万円を超える場合
・当社のご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
既・にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合
アイフル・アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
・アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合
・前回収入証明書をご提出いただいて3年以上経過している場合
レイクアルサ・当社のご利用限度額の総額が50万円を超える場合
・当社のご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合
・ご提出いただいた収入を証明する書類が、その発行日から、3年以上経過している場合
SMBCモビット・ご希望のお借入額が50万円を超える場合
・当社の契約額と他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき

ご覧の通り、大手消費者金融の対応はほぼ変わらないことがわかります。

つまり大手消費者金融の場合、

  • 他社からの借り入れがない
  • 50万円以下の新規借り入れ

をする人であれば、収入証明書不要で借りられるわけです。

借入で収入証明書がいらないケースイメージ

50万円以下借りる時でも収入証明書の提出が必要なケース

新規で50万円以下の借り入れをする場合でも、収入証明書の提出が必要となる場合があり、これは既に他社から借りているケースです。

他社からの借り入れ額と新規借り入れ額を併せ、100万円を超えてしまう場合は収入証明書の提出が必要となるのです。

新規借り入れと他社からの借入額が100万円を超える場合
A社B社C社
40万円30万円35万円(新規借入希望額)

A社40万円 + B社30万円 + C社35万円(新規借入希望額) = 105万円

このように新規借入希望額が35万円であっても、他社借入額と合わせることで100万円を超える場合、収入証明書の提出は必要です。

また他社借入がない場合で、50万円以下の借入であっても貸付時の審査次第で収入証明書の提出が必要となる場合もあります。

収入証明書不要だった楽天銀行のカードローンも提出が必要

収入証明書不要で借りられるカードローンと言えば、楽天銀行のカードローン(楽天銀行スーパーローン)がよく知られていました。

しかし、今では楽天銀行スーパーローンも収入証明書の提出が必要となる場合があります。

楽天銀行スーパーローンであれば、公式サイトにも収入証明書不要で借りられることをアピールしていましたが全て削除、収入証明書なしで借りられる記載がすべて削除されています。

ただ、収入証明書の提出の基準として、楽天銀行カードローンの「商品概要説明書」を見ても書かれておらず、収入証明書の提出は審査次第とのこと(融資希望額による提出ではない)。

つまり、申し込みする人によっては、収入証明書不要で借りられる可能性があるカードローンといえます。

楽天銀行スーパーローンで提出する収入証明書とは

もし、楽天銀行カードローンへ収入証明書を提出する場合、源泉徴収票や所得証明書(給与明細書)などのコピーを提出します。

楽天銀行カードローンで提出できる収入証明書とは?【会社勤めの人の場合】→源泉徴収票・課税証明書(所得証明書)…収入・所得額の記載があるもの、給与明細書のいずれかの写し ,【自営の人の場合】→課税証明書(所得証明書)…収入・所得額の記載があるもの、確定申告書のいずれかの写しが必要

ちなみに銀行カードローンは2018年以降、収入証明書不要で借りられなくなったところが多くなりました。

管理人
管理人

他の銀行カードローンも審査によって、50万円以下の借り入れをする場合でも収入証明書の提出を求められる場合もあります。

収入証明書なしで借られるメリットとは

収入証明書の提出なしで借りられるメリット、これは契約までの手続き等の煩わしさが少なくなるからです。

例えば「給与明細書」は奥さんに渡してしまっている人もいるかもしれません。

「お金を消費者金融で借りたいから給与明細書をもらえる?」と聞くことはできないでしょう。

収入証明書を妻にお願いする夫

つまり収入証明書を家族が管理している場合であれば、借り入れすることを家族に知られるリスクもあります

また収入証明書を提出したくない、年収を借り入れ先に知られたくない場合もあるでしょう。

所得証明不要で借りるならどのカードローンを選ぶべき?

消費者金融と銀行カードローン、収入証明書不要で借りる場合、どこから借りればよいのか?ポイントは以下となる。

消費者金融であれば50万円以下の借入なら提出不要だが金利は高め
銀行カードローンは金利は低いが50万円以下の借入でも提出が必要な時ある

銀行カードローンは消費者金融よりも良い金利条件で借りられる

銀行カードローンは消費者金融と比較すると、最も高い金利(上限金利)が「3~4%」だけ低く借りることができます。

しかし審査は消費者金融よりも厳しく、借り入れしにくくなります。

借りやすさでいえば、銀行カードローンよりも消費者金融となりますが、気になるのが金利が高めであるということ。

では金利差でどのくらい利息が違う、どちらを利用した方がよいのか?見てみましょう。

金利・利息・最低返済額から最適なカードローンを探す

実は消費者金融と銀行カードローンを比べた時、金利差ほど利息差が生じません

例えば10万円借りた時、

  • 金利(実質年率)18%の消費者金融
  • 金利14%の銀行カードローン

で生じる1ヶ月の利息を見てみましょう。

金利18%で消費者金融から10万円借入した時の一か月の利息

100,000×18%÷365×30=1,479円

金利14%で銀行から10万円借入した時の一か月の利息

100,000×14%÷365×30=1,151円

その差はわずか「328円」です。

では10万円借入し、毎月1万円返済した場合、金利14%と18%で生じる利息の支払い合計額を見てみましょう。

消費者金融と銀行カードローンから10万円借り、1万円返済した時の利息
返済回数元金返済額利息
金利14%金利18%
1¥100,000¥10,000¥1,151¥1,479
2¥91,479¥10,000¥1,049¥1,353
3¥82,833¥10,000¥946¥1,225
4¥74,058¥10,000¥842¥1,096
5¥65,154¥10,000¥736¥964
6¥56,118¥10,000¥630¥830
7¥46,948¥10,000¥522¥695
8¥37,643¥10,000¥413¥557
9¥28,200¥10,000¥302¥417
10¥18,617¥10,000¥191¥275
11¥8,892¥9,024¥78¥132
利息合計¥6,859¥9,024

完済までに支払う利息差は2,165円です。

つまり10万円借りた場合、利息差と審査の難しさを天秤にかけた時、銀行カードローンのメリットは少ないと筆者は考えています。

30万円、50万円借りた時の利息差はどのくらいか

ちなみに30万円、50万円借りた時の利息も見てみましょう。

30万円の場合は月々10,000円の返済額、50万円の場合は毎月20,000円の返済額で計算してみました

金利18%で50万円以上借り入れした場合、消費者金融では毎月10,000円の返済額で設定できないため、15,000円としています。

借入額支払う利息合計
金利14%の場合金利18%の場合
30万円
返済額は毎月10,000円
71,377円101,523円
50万円
返済額は毎月15,000円
136,860円198,327円

30万円、50万円借りた場合では、4%の金利差によって、支払う利息差が大きくなります。

金利差よりも毎月いくら返済するのか注意してほしい

カードローンでは毎月、最低限返済する「最低返済額」が設定されています。実はこの最低返済額は金利差以上に利息が生じてしまうリスクがあります。

どういうことなのか?金利が低めに設定されている大手消費者金融のプロミス、みずほ銀行カードローンで30万円を借り入れした場合で比較してみましょう。

金利
(実質年率)
借入額月々の返済額
(最低返済額)
返済
回数
完済時までに
支払う利息合計
プロミス17.8%30万円11,000円36回87,289円
みずほ銀行カードローン14.0%30万円4,000円156回236,169円

毎月の返済を自動引落し設定にしている場合、毎月の返済は最低返済額分が引き落とされます。

つまり毎月返済しているからといって、金利が低くても支払う利息が増えてしまう現象がおきます。

この最低返済額が低めに設定されているのは、みずほ銀行カードローンに限った話ではなく、銀行カードローン全般にみられる特徴です。

銀行カードローンの金利メリットを活かすのであれば、消費者金融のプロミスと同額の返済額を支払うことが必要です。

借入先借入額金利
(実質年率)
最低
返済額
最低返済額で
完済した時の
利息合計
理想の
返済額
返済額を
増やした時の
完済時の利息合計
プロミス30万円17.8%11,000円87,289円
みずほ銀行30万円14.0%4,000円236,169円11,000円63,189円
管理人
管理人

各銀行カードローンで設定されている最低返済額の3倍程度、毎月返済していかなければ、低金利としてのメリットを活かせません。

ちなみに毎月の返済を自動引落し設定にしている場合、返済額を増やしたい場合は提携ATMから上乗せ返済を行う必要があります。

毎月、返済額を増やすのが面倒くさい人であれば、金利は無視して、消費者金融から借りたほうが増えません。

銀行カードローンを利用した場合、せっかく毎月の返済額が少なくてすむ中、返済額を増やすことに抵抗感を感じる人もいるかもしれませんが、支払う利息を考えれば、余裕のある月は多めに返済をしていく必要があることは覚えておきましょう。

まとめ!収入証明書不要で借入するカードローンならココ

消費者金融ならプロミスがおすすめ
プロミスのバナー画像

大手消費者金融の中では一番金利設定が低いのがこのプロミス。サービス面でも充実しており、30日間の無利息で借入も可能(メールアドレスとWEB明細の利用登録は必要)、WEB完結を利用すればカード発行なし(カードレス)で利用も可能です(WEB取引でも対象金融機関は200行以上)。

借入限度額実質年率最短融資時間土日融資WEB契約完結
1~500万円4.5%~17.8%最短1時間
パート・アルバイト専業主婦個人事業主総量規制保証人
×対象不要
銀行カードローンなら楽天銀行スーパーローンがおすすめ
楽天銀行スーパーローンバナー画像

収入証明書不要となるかは審査次第ですが、提出不要となる可能性を秘めた銀行カードローンです。審査も自社グループ内で行うため、融資にも積極的といわれています。積極性を裏付けているのは、審査を行うのがクレジットカードの作りやすさで知られる楽天カードです。事実、当サイト経由で申込した人で借入できたという声も多い銀行カードローン。毎月の返済額は増やしてこそ金利メリットが活かせることだけ注意して利用しましょう。

借入限度額実質年率融資時間土日融資WEB契約完結
最大800万円1.9%~14.5%2日~×
パート・アルバイト電話以外の在籍確認借り換え総量規制保証人
×不要