ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認や金利について

ジャパンネット銀行カードローンの特徴
  • ジャパンネット銀行口座があれば契約と同時に自動借入が可能
  • 他行への振り込み融資も可能(口座がない人で初回1回のみ)
  • アプリ(ネットキャッシングアプリ)で申し込み、借り入れが可能
  • 初めて利用する人なら30日間は無利息で借入可能

ジャパンネット銀行ネットキャッシングからジャパンネット銀行カードローンに通商が変更、セブン銀行ATMで借り入れできるようになりました。金利は銀行カードローンとしては高めですがネット銀行ということもあり、24時間365日振込融資、初めて利用する人は30日間無利息で借りることができる銀行カードローンです。

借入限度額金利最短融資時間土日融資WEB契約完結
~1,000万円1.59%~18.0%2日~×
パート・アルバイト専業主婦電話以外の在籍確認総量規制保証人
○(配偶者貸付)×対象外不要

ジャパンネット銀行カードローンとは?

ジャパンネット銀行ネットキャッシングはセブン銀行ATMで借り入れできるようになり、ジャパンネット銀行カードローンに名前をかえました。

ジャパンネット銀行はネットバンキングであるため、申し込みから融資まで全てインターネット上で完結します。

カードローンを利用する場合、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要となりますが、申し込みする時には不要です。

ジャパンネット銀行カードローンは銀行カードローンの中では金利は高めですが、珍しく30日間無利息で借りることができます。

ジャパンネット銀行カードローンの金利について

ジャパンネット銀行は利用限度額別に金利が明確に設定されています。

利用限度額金利
10万円~100万円未満18.0%
100万円~150万円未満15.0%
150万円~200万円未満12.0%
200万円~250万円未満10.0%
250万円~300万円未満8.0%
300万円~400万円未満6.5%
400万円~500万円未満6.0%
500万円~600万円未満5.5%
600万円~700万円未満5.0%
700万円~800万円未満4.0%
800万円~900万円未満3.5%
900万円~1,000万円未満3.0%
1,000万円1.59%

100万円未満の借り入れでは消費者金融を利用するのと変わりません。

100万円以下、大手消費者金融で借りた場合の金利
消費者金融名100万円以下
借入時の金利(実質年率)
プロミス17.8%
レイクALSA18.0%
アコム18.0%
アイフル18.0%
SMBCモビット18.0%

ちなみに他の銀行カードローンと比較しても金利は高くなります。

メガバンク・主要ネット銀行で100万円以下借入した時の金利
銀行名金利
三井住友銀行年12.0%~14.5%
みずほ銀行14.0%
三菱UFJ銀行14.6%
オリックス銀行17.8%
楽天銀行14.5%
ソニー銀行13.8%
じぶん銀行17.4%
イオン銀行13.8%

利用限度額は1,000万円まで設定されていますが、年収で考えれば2000万円以上必要、また初回借り入れで1,000万円借りられる可能性は低いでしょう。

金利だけでなく、30日間無利息で借りられるあたりも消費者金融を利用するのと変わりませんが、銀行カードローンであるため、総量規制の対象にはなりません。

総量規制とは消費者金融から借り入れする場合に適用される法律(貸金業法)で、年収の3分の1以上の借り入れはできません。

ジャパンネット銀行カードローンの初回特典について

ジャパンネット銀行ですが初めて利用する人の初回特典として、

  • 借入日から30日間は無利息で利用可能
  • 初回自動借入が可能(口座がある人)
  • 初回1回のみ他行への振込融資が可能(口座がない人)

といったサービスを行っています。それではサービス内容について解説します。

30日間無利息サービスとは

銀行カードローンとしては珍しく、30日間の無利息サービスを利用できます

30日間の無利息サービスが利用できる人は、

  • 初めてジャパンネット銀行カードローンで借り入れする人
  • 無利息期間内で返済を延滞しないこと

以上の条件を満たしている場合です。

初めて利用する人とはジャパンネット銀行でカードローン、クレジットライン、(旧)カードローン、借り入れおまとめローンをご契約中で過去に1度もご利用がない方を指します。

ジャパンネット銀行公式サイト 無利息特約とは より引用

ちなみに借り入れしてから30日未満で初回返済日がきた場合でも、返済日をまたいで借り入れした日から30日間、無利息期間としてカウントされます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの30日間無利息についての図解

口座がある場合は口座へ自動借入が可能

ジャパンネット銀行の口座がある人であれば、契約完了と同時に希望金額が自動で融資してもらえます。

自動借入を希望する場合、申し込み画面で「初回自動借入」に融資希望額を入力、契約完了時と同時にご自身のジャパンネット銀行口座へ振り込みされます。

自動借入が利用できない場合もあります

自動借入が利用できない場合は契約時に決定される利用限度額が申し込み画面で入力した借入額を下回った場合です。

例えば、申し込み時の借入希望額が50万円と入力、契約できた利用限度額が40万円の場合はこの「初回自動借入」は利用できません。

口座がなくても初回のみ他行へ振込融資が可能

ジャパンネット銀行に口座がない人でも初回1回のみ、手数料無料で他行への振込融資(50万円まで)を行ってくれます。

この振込融資を利用しない場合、手元にキャッシュカードが届くまで利用できません(一週間程度かかります)。

振込融資の依頼は審査結果メールに記載されている電話番号に連絡、

  • 振込先の金融機関名
  • 支店名
  • 預金科目
  • 口座番号

を伝えましょう。

ちなみに2回目以降の借り入れは申し込みした時に開設するジャパンネット銀行口座へ振込されます。

ジャパンネット銀行カードローンの申し込みに必要な物

現在ではジャパンネット銀行に口座がある人でも本人確認の強化ということで、本人確認書類の提出が必要となりました。

収入証明書に関しては必要な人のみ、「50万円以上融資を希望する場合には提出が必要」といった事は明示していません。

一般的に考えますと「50万円以上の融資を希望する」なら用意しておきましょう。

本人確認書類として認められる物

下記のいずれかのコピー
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号(マイナンバー)
  • パスポート
  • 住民基本台帳(顔写真とQRコードの印字があるもの)
下記いずれかの原本
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 各種年金手帳のコピー+補助資料
  • 身体障害者手帳を含む各種福祉手帳のコピー+補助資料
補助資料
  • 国税または地方税の領収証または納税証明書
  • 社会保険料の領収証
  • 公共料金の領収証
    →電気、ガス、水道、電話(携帯電話、スマートフォン含む)、NHK料金の領収証

収入証明書

会社に勤めている人の場合(いずれかのコピーを提出)
源泉徴収票、住民税課税決定通知書、住民税納税証明書、給与明細書
最新3ヶ月以内の1ヶ月分
個人事業主の場合(いずれかのコピーを提出)
確定申告書(※)、納税証明書(その1、その2)、住民税課税決定通知書、住民税納税証明書
※ 税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがあるもの

収入証明書の提出もWEB、アプリらアップロード、もしくは郵送にて提出します。

郵送での提出先

〒163-0440
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル内郵便局私書箱301号
ジャパンネット銀行 ローンセンター

※封筒もダウンロードし利用可能(切手不要)

申し込みから融資までの流れについて

ジャパンネット銀行に口座がある場合とない場合では申し込み手順が異なります。

ジャパンネット銀行の口座がある場合

  1. インターネット申込(アプリからも可能)
  2. 在籍確認
  3. 本人確認書類の提出
  4. 審査(仮審査・本審査)
  5. 自動借入、もしくはカード到着後にATMで借入

申し込み後、勤務先へ在籍確認が行われます。あとは本人確認書類の提出で審査へ進むことができます。

本人確認書類はWEBからアップロード、もしくはアプリで提出できます。

仮審査は60分程度で完了するものの、本審査は早く翌日以降に結果が出るため、借り入れするまでは最短で2日となります。

ジャパンネット銀行の口座がない場合

  1. インターネット申込(アプリからも可能)
  2. 在籍確認
  3. 本人確認書類の提出、口座開設
  4. 審査
  5. 初期設定
  6. 振込融資、もしくはカード到着後にATMで借入

ジャパンネット銀行カードローンは口座開設が必須であるため、本人確認書類提出のタイミングで口座の開設手続きを行います。

口座開設はWEB上で可能ですが郵送でも可能、ただし郵送の場合は時間がかかります。

審査通過後の初期設定は手元にカード(キャッシュカード)とトークンが届いてからとなります。

つまり、借り入れはカードが手元に届いてからとなります。

ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認について

在籍確認は申し込み完了後、ジャパンネット銀行から勤務先へ電話がかかってきます。

ちなみに在籍確認の電話は必須とのこと。在籍確認ですが本人はもちろん、他の人(同僚)が電話に出ても確認さえとれれば、大丈夫とのこと。

申し込みした本人が在籍確認の電話を取った場合、申し込み確認や簡単な質問を聞く場合があるとのこと。

本人以外が電話を取った場合は「○○様はご在籍でしょうか?」といった、在籍を確認する程度の内容で在籍確認が行われます。

ジャパンネット銀行カードローンの借入と返済について

借入方法について

  • 自動借入(ジャパンネット銀行普通預金口座がある場合)
  • 他行への振込融資(ジャパンネット銀行普通預金口座がない場合は初回1回のみ)
  • 振込融資
  • 提携ATM

返済方法について

  • ジャパンネット銀行普通預金口座より引き落とし

提携ATMについて

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの提携ATM一覧

提携ATMの利用手数料について

セブン銀行ATMであれば、借り入れ、返済共に手数料無料で利用できます。

入出金共に月1回は無料、2回目以降は各提携ATMで以下の手数料がかかります。

利用金額イオン銀行、E-net、ローソンATM、三井住友銀行
30,000円以上0円(何度でも)
30,000円以下165円
利用金額ゆうちょ銀行
30,000円以上0円(何度でも)
30,000円以下330 円

返済期日について

  • 引き落とし日を毎月1~28日、もしくは月末のいずれかで設定

借入額に対する金利と月々の最低返済額

ジャパンネット銀行の返済は残高スライド元利定額返済方式、そして2種類の返済方法が用意されています。

返済の違いは毎月の返済額設定が少なめか、多めかです。

利用残高金利最低返済額
少なめ多め
~100,000円18.0%3,000円10,000円
100,001~200,000円18.0%6,000円10,000円
200,001~300,000円18.0%10,000円10,000円
300,001~400,000円18.0%10,000円10,000円
400,001~500,000円18.0%10,000円10,000円

支払う利息は毎月の返済額が多いほうが少なくなります。

返済額設定は後でも変更できますので、ご自身が返済できる金額から選ぶのも一つです。

返済シミュレーション

ジャパンネット銀行で10万円、金利18.0%で借入し毎月10,000円返済した時
返済回数元金返済額利息
1¥100,000¥10,000¥1,479
2¥91,479¥10,000¥1,353
3¥82,833¥10,000¥1,225
4¥74,058¥10,000¥1,096
5¥65,154¥10,000¥964
6¥56,118¥10,000¥830
7¥46,948¥10,000¥695
8¥37,643¥10,000¥557
9¥28,200¥10,000¥417
10¥18,617¥10,000¥275
11¥8,892¥9,024¥132
利息合計¥9,024

まとめ

ジャパンネット銀行カードローンは銀行カードローンとしては金利が高めではあるものの、銀行カードローンにしては珍しく、30日間は無利息で利用できるのはメリットといえるでしょう。

利用時にはジャパンネット銀行の普通預金口座が必須、申し込みと同時に口座開設の手続きをしましょう。

融資までの時間はジャパンネット銀行の口座があれば最短で2日。口座がある人ならスピーディーな借り入れが可能な銀行カードローンです。