2013.05.09

人生の選択肢を増やす、新しい働き方

ランサーズ株式会社 / 秋好陽介

ランサーズ‗秋好陽介‗プロフィール写真 UP

ランサーズ株式会社 秋好陽介

ランサーズ株式会社 代表取締役社長 1981年生まれ。大阪府出身。大学時代にサイト構築や受託開発などインターネット関連ビジネスで個人事業をおこす。
2005年、大手IT企業に入社。ウェブディレクターとして複数のインターネットサービスの企画運営を担当。仕事の受託者、発注者としてそれぞれの立場を経験し、スキルのある個人と仕事を依頼したい法人のマッチングサービスを思い立ち、2008年4月に株式会社リート(現・ランサーズ株式会社)を創業。
同年12月にお仕事マーケットプレイス「Lancers(ランサーズ)」のサービス提供を開始。

 

時間と場所にとわられない新しい働き方

現在の事業内容について教えて下さい。

    「いつでも、どこでも、時間やスキルがあれば仕事ができるマーケットプレイスを作 り、日本を含む世界の人の働き方を変えたい。」そんな想いを実現するために、日本初の クラウドソーシングサービス、ランサーズを2008年に開始いたしました。現在はこのクラ ウドソーシングカテゴリーでは圧倒的なリーディングカンパニーとなっております。 フリーランスの個人と企業とがオンラインで安心して取引できるサービスであり、時間と 場所にとらわれない“新しい働き方”を提案しています。 オンライン上で一度も会うこと無く非対面で企業から仕事を依頼して、フリーランスのエン ジニア、デザイナーやライターの方々が自宅や、好きな場所で仕事ができるようなサービスで す。 
  現在では、毎月アルバイト程度の報酬を得ている方が1,000人、そしてランサーズだけで生 活ができるレベルの収入を得ておられる方が100人程度おられます。我々の中期目標としては 2016年にランサーズだけで生活できる方を1万人に増やしたいと思っております。そうするこ とで外に働きに出られない主婦の方や近くに希望する職場がない地方に住んでおられる方とも ランサーズを通じて働く選択肢を提供できれば良いなと思っています。また将来のサービス像 として今は十分なスキルを持っていない人でも、ランサーズを利用していくことで、基礎のスキルを身に付けて、徐々に個人の能力を高めていけるような教育の要素を含んだ価値を提供で きるようなサービスを目指しています。

 

東京と鎌倉にオフィスがありますよね。鎌倉に本拠を置かれているのも何か理由があるの でしょうか。

   通常、IT系のベンチャー企業の多くは東京にありますよね。弊社は当初川崎にある国の インキュベーション施設にオフィスを構えていたのですが、ランサーズのコンセプトであ る、“時間と場所にとわられない新しい働き方”を体現するべく、人員を拡充するタイミングで我々も時間と場所に囚われないで働こうということで、鎌倉にオフィスを移転させま した。   
鎌倉はアメリカでいうと、シリコンバレーみたいなところなのです。海と山があり、クリエイティブな方が多い。デザイナーや陶芸家、鍛冶職人のような方がいて、すごく面白い場所です。いつかは鎌倉をIT企業のベンチャーの集積地として本物のシリコンバレーのような場所にしたいですね。

ネット上のサービスとなっていますが、人の顔が見えない状況で、トラブル等はないので しょうか?

   リリースをする時から、最もトラブルになりやすいものは 金銭面であると理解していま した。その課題解決策としては、弊社がお金のやりとりを代行することで、金銭の支払い のやりとりによるトラブルを発生しないようにしました。オンラインもオフラインもトラ ブルは起こり得ます。その確率を上げないようにするために、リスクコントロールをする ことが、我々運営側が日々取り組んでいる仕事です。

いつ頃からビジネスに興味があったのでしょうか。

  実は、大学生のころにすでに自分でビジネスを立ち上げていました。20歳で初めてパソコンを購入し、ホームページを作成していました。せっかく作ったのだからとより多く の人に見てもらえるように工夫をしてみると、サイトへ訪れてくれる方の人数も増えまし た。そこから「あなたのホームページに広告を貼って下さい」という人が現れて、広告収入を得たりしていました。周りの人からは「どうしたらそんなに人が集まってくるの?」 なんて質問を貰うようになり、ホームページコンサルのようなことをしてフリーランスと してビジネスをしていた感じでしたね。

logo_corp

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫