2018.07.17

『サイバーエージェント子会社社長の告白』
【第4弾】
CyberOwl 田中社長
「自分の人生が小説になるとしたら、
 最高に面白い物語を!」

『サイバーエージェントのグループ会社の社長インタビュー連載企画:第4弾』
 株式会社CyberOwl 田中 啓太

田中さん2

株式会社CyberOwl/ 代表取締役社長 田中 啓太

1989年 7月生まれ。大阪府出身。関西大学法学部卒業

2011年   入社前から週5で内定者アルバイトを経験

2012年 4月  株式会社サイバーエージェントに入社

       グループ総会にて最優秀新人賞を2度受賞

2012年10月 インターネット広告事業本部 マネージャーに昇格

2012年11月 株式会社CyberSS 代表取締役社長就任(当時23歳で新卒社長となる。)

2018年 5月  株式会社CyberOwl 代表取締役社長就任


<企業情報>
株式会社CyberOwl Webサイト
https://www.cyberowl.co.jp


<関連記事>
『サイバーエージェント流!経営のポイント』
【第4弾】CyberOwl 田中社長の「新卒社長が組織を率いていく心構え」とは?

【CyberOwlとは?】

事業内容を教えて下さい。

「”調べる“を豊かに」をミッションに、
比較情報.com」や「マネ会」、「MOVIE SCOOP!」、「日刊アプリ」、「日刊ゲーム
など、ライフスタイルや、金融、エンタメなどのメディアを制作し、運営しています。

インターネットメディアの増加により、誰もが、気になったことを検索して調べるのが当たり前となった現在、
CyberOwlは、「検索して何かを見つける」という作業を、もっと効率的にする事を意識してコンテンツ作りをしています。

当社が目指すのは、検索をした時に意図した答えが正確に返ってくる事で、ユーザーはすぐに次の行動に移すことができ、この検索からアクションまでのスムーズな流れが、「調べる」を豊かにしていくと考えています。

ユーザーが「何か、情報を得たい」と思って調べた時に、
CyberOwlのメディアが出てきて、
そのメディアを見たら、ユーザーが問題を解決でき、
オリジナルで有益な情報を得ることができる
そして、ユーザーがメディアを信頼してまた使ってくれる
そんなメディアにしていきたいです。

「“調べる”を豊かに」を実現するためにCyberOwlでは真実のコンテンツが発信されるメディア創りに尽力していきます。

「調べるを豊かに」をテーマにしたのは、なぜですか?

経験されている方もいらっしゃるかと思うのですが、インターネットで検索をしても、なかなか目的の情報にたどり着けないことや、この情報は本当なのかな?と思うことがあると思います。

本来は、
よりユーザーにとって有益な情報、信頼できる情報、
おもしろかったり、すごくためになったり、分かりやすかったり、
そういったメディアがどんどん出てくるべきなのですが、今はそうなっているとは言いづらい環境です。

検索しても、信頼できないサイトがたくさん出てきてしまいます。
この問題を解決したいと思い、事業を始めました。
それを実現するための合言葉は「調べるを豊かに」ではないかと思いCyberOwlのミッションにしました。

「STEP2へ進む」次ページへ続く≫